楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

住まいの中にある社会的障壁

先日、不動産業界の皆様と住まいの中にある障壁について考えてみました。マンションや戸建て住宅の販売を手掛ける方々はどんな想像をしているのでしょうか。

コロナ禍での対面営業では、感染対策の徹底から接遇を考えます。「配慮」とひと言でいっても、勝手な押し付けではお客様は喜んでくださらない。考えることが多岐に渡ることは容易に想像できます。

最近オンライン内覧の需要も盛んになっているようですが、どこを見るでしょうか? 一生のうちに何度も購入できない「住まい」という大きな買い物の中にどれだけの障壁(バリア)が隠れているのかを確認してみました。

(1)玄関前に当たり前にある段差
(2)ドアは開きドアで上がり框(かまち)あり
(3)電気のスイッチ位置はなぜ高い
(4)手すりは片側設置が当たり前?

次々と出てくる意見に参加者同士が驚くほどでした。立場が変わればこんなに不便で危険につながっていたのか…。勝手にバリアフリーの最先端にいると思い込んでいたが誰のための住まいなのかを見落としていたのかもしれない…。お客様の20年後、30年後を描き切れていなかったようだという結論でした。

たった一段の段差でもベビーカー、車いすを使用されている方、杖をついている方にはバリアでした。玄関ドアが引き戸であれば、確かに小さなお子様を抱いていても出入りしやすいなぁ…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2022年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ