楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

夏になると思い出す「1998年夏の甲子園」 あの年の夏は、松坂のものだったなあ

大谷選手大活躍のニュースの陰で、松坂大輔投手の引退が発表された。ちと寂しい。

あの年の夏は〇〇さんの夏だったね、と後世言われるような表現の仕方があるが、あの1998年の夏こそ「松坂の夏」だったと思う。1998という数字を聞くと、テレビの前でしがみつくように、決勝までの3連戦を見ていた自分を思い出す。あの夏も暑かったなあ。

なにしろ、準々決勝が強打のPL学園相手に延長17回。松坂の投球数は実に250球に及んだという。

たまたまこの試合を衛星中継で見ていた大リーグのオーナーが高野連かなんかに直接電話をかけ、「即刻あの素晴らしいピッチャーを降板させろ。さもないと壊れてしまう」と伝えてきたという話も残っている。

結局、準決勝の明徳義塾では先発回避。さすがに向こうもエース、6対0で8回表。万事休すかと思われたその時、この回の先頭打者に松坂が代打で登場、二塁打だったかなを放ったら。あれあれよ、横浜の戦闘意欲が増したのか、残りの2回で追いつき、ついにはサヨナラで勝利を収める。

つづく決勝、京都成章との戦いはご承知のようにノーヒットノーラン。

典型的な力投型で、これだけやってくれれば、負けた方にも爽やかさが残るだろう。それが好投手と大投手の違いだと思う。そして西武ライオンズを優勝させ、海外デビューのレッドソックスではワールドカップをもたらし、ワールドクラシックベースボールでは2回優勝させ、二度ともMVPに輝く…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2021年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ