楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「DAU.ナターシャ」 度肝抜かれる映画製作手法!ソビエト暗黒史描く

見てもいない映画について語るのはファウルプレイだと思うが、こちらの体調が万全ではなく、またコロナでの自粛でもあるので、なかなか映画館に足を運べない。

しかしながら、この映画について、ここに記しておきたい。途方もないスケールで映画が作られるものだなあ、と感服の一語だからだ。

その映画はロシアの、といっても内容的にはプーチン政権と相対立するものだから、とてもそうとは呼べないかもしれないが、ともあれロシア語がダイアローグのものだ。

タイトルは『DAU.ナターシャ』。

ソビエト連邦時代の自由が圧殺されていたころを再現した超大作だ。なかでも、政権を支える基盤となった秘密警察KGBの暗躍を描くところの迫真さは例を見ないという。

KGBはモスクワの中央、ジェルジンスキー広場にあり、一度、ここに呼び出された人の大半は世間に戻ってこない地獄と呼ばれたところだ。

今回、公開されたのは、そのKGBの暴虐非道を描いたパートで今後ソビエト現代史のほかのダークな部分が続々描かれていく大河ドラマになるようだ。

聞いてびっくりしたのは、その撮影スケジュールだ。

監督のイリヤ・フルジャノスキー氏は1万2千平方メートルの巨大セットをつくり、そこにスタッフとキャストを3年間住まわせ、食べ物も衣装もその時代と変わらないものをあてがい、生活させたという。スタッフ・キャストとも、その時代の息苦しさを身をもって体験させられたわけだ…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2021年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ