楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「アメリカシネコンチェーン」 街角文化としての映画の終えん?

若いころ、といっても僕が社会に出た昭和50年代初めから昭和の終わりくらいまでの「のどかな」時代のことだが、都会のあちらこちらに映画館が散在していた。華やかなロードショーの映画街は別に、ふとしたところに二番館、三番館、名画座などがあった。エロ映画専門館もあったし、「実演と映画」なんてストリップショーと映画上映を組み合わせたようなものもあった。

街行く学生さんやサラリーマンさんは、そういう映画館に出くわすと、映画番組表と腕時計をにらめっこして、時間が会えば、半分暇つぶし、半分さぼりで飛び込んだものだ。今のように「入れ替え制」などはなく、いつ入ってもそこから見ることができた。途中じゃないか、とお思いの方も多いだろうが、次の回の出だしからそこまで見て、帰る。

そんなふうに映画と僕たちは日常的に「暮らし」ていた。つまり、映画が日常に溶け込んでいた。B級シネマも一流文芸大作もそんなふうに見ることができたのである。

不動産バブルで敷地の割に大きな映画館は次々と不動産屋に買い取られ、結局は大きなSCの集客の目玉として、シネコンに変身してしまった。

ところが、コロナ騒ぎがまた様相を抜本的に変えてしまいそうだ。

英米ともにシネコンは興行中止。アメリカでは超大手のAMCやリーガルチェーンが倒産寸前という。また映画制作会社のワーナーメディア社は映像の映画館優先配信をやめ、ネット配信とすることを決定した模様だ…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2021年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ