楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師、竹田城跡で噛みまくる 駆け出し時代の苦い思い出1

12年ほど前の南青時代、某放送局のとある番組の案内役として兵庫県は朝来市「竹田城跡」へ立ち寄ることがありました。ここは別名、虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)と呼ばれており「日本100名城」にも選定され、また恋人の聖地にも認定されています。

特に10月上旬から11月下旬は気候条件により発生する雲海の中に浮かぶ竹田城跡は、天空の城と異名を持つほど、観る者の心を奪います。

其の雲海に浮かぶ竹田城跡を映像に収めようと7日間の拘束でロケーションを行いました。当時は駆け出しやったので、右も左も分かりません。何が分らないのかが、分からない僕でしたから、何も質問できません。そんなディレクターも僕が「分かっている出演者」と思っているので細かいことは言いません。

そしていよいよ撮影開始です、竹田駅に停車した列車から降りて「さぁ本日は東洋のマチュピチュ、竹田城を案内いたします!」と言わなあかんところを、東洋の「マチュピッチュ」と、ちょっと言い間違えました。これぐらいは堪忍してくれるやろうと思うてましたが、ディレクターが「はい、カット(怒) !南青さん! マチュピチュですよ! 撮り直します(怒) マチュピチュですよ、マチュピチュ!」と怒るのも無理はありません。当時の竹田駅の列車のダイヤは1時間に1本です…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2019年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ