楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿として名作 ホテリ・アアルト(福島県)

2020年10月26日(月) 海や山にある宿は自然との調和が大切。オーシャンビューや高層階の客室料金が高いのは、自然を感じながら滞在したいという顧客ニーズの証明です。

この面で日本最高と思うのが、昨年宿泊したホテリ・アアルト。裏磐梯の観光名所・五色沼に隣接し、敷地内に専用の沼が2つもある素晴らしい環境です。

当初は百貨店の保養所として建設されましたが、沼側には管理人の家が建てられ、沼の価値に気付いていなかったのは明らか。某市の保養所を経てホテルに改装する際に、管理人部屋を最高金額の離れに改装してスタート。

一昨年には別館も増築され、沼満喫の宿になりました。旧保養所を北欧風スモールラグジュアリーホテルに改装した建築家の手腕が見事。しかも自然を壊さない方針を堅持しながら、足場の悪い沼際に別館を建設するとは、まさに神業です。

秋は満室続きですが、偶然空室を発見。1人1泊5万円の別館でしたが、Go toを併用し思い切って予約。北欧インテリアの良さが分かるか不安でしたがまったくの杞憂で、客室内装の素晴らしさと沼の眺望が衝撃的。心底気に入ったので翌朝には離れ難くなり、チェックアウト時には泣きたくなるほど。普段は「また来よう」と諦めもつきますが、紅葉時期は予約困難で一期一会の体験。この客室との今生の別れになるかもしれないのです。

これほど、感動的な宿を設計したのは、東京芸大名誉教授の益子義弘氏。個人的に一番凄いと思ったのは、風呂場やテラスの窓です。一般的なアルミサッシには必ず窓枠があり、全開にしても開放感に欠けるもの。

しかし、建築家が専用設計した窓には枠が皆無で、開放感抜群。出窓のように張り出して2方向が全開になる窓もあり、「こんなことが可能なのか」と度肝を抜かれました。窓だけでなく照明なども建築に合わせた専用設計で、まさに贅沢の極みです…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2021年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ