楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの五 周建、仏に背を向けて座禅

ある晩の事、周建は像外和尚から、仏前のお灯明を消すように言われました。そこで周建、ぴょんと飛び上がって、口でぷうと吹き消して戻って参りました。

「確かに消してまいりました」「それはご苦労であった。周建どのように消してきたのじゃ」「はい、飛び上がって、口でぷうと吹き消しました」「ふーん、周建、その消し方はいかんぞ」「それは何故で」「人間の息というものは穢れておるものじゃから、その息を仏様にかけてはいけないのだ。これからは、手の平または扇子で、あおいで消すのじゃ、気をつけなさい。良いかな?」「はい、和尚様」

明くる朝は、本堂で像外和尚がご本尊に向かって座禅を組み、これにならって小坊主も後ろで座禅を組んでおりました時に、その小坊主がくすくす笑っておりますから、像外和尚が前を向きながら「ふざけてはイカン、真剣に座禅をしなければ、優れた出家にはなれんぞ、何を笑っているのか? うん、まだ笑い声が収まらんな、何をそんなに笑っておるのじゃ」と和尚が振り返ってみると、周建だけが、後ろ向きになって座禅を組んでおります。

「これ周建、何故、後ろを向いて座禅を組むのじゃ、ちゃんとご本尊に向かって座禅をしなければならんではないか」「でも私は和尚様のお言葉を守っているだけであります」「何じゃと?」…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2020年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ