楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「和を以て尊しとなす」のおもてなしの心 中澤牧子さん/群馬県草津温泉・ホテルヴィレッジ

山形県展望露天の湯「有馬館」の須藤佳子様よりバトンをいただいた、群馬県草津温泉ホテルヴィレッジの中澤牧子と申します。JKKには2021年1月に入会いたしました。メーリングリストや会合などを通じて、全国に同じ喜び、同じ悩みを共有できるお仲間を得たことを心より嬉しく思います。

古くから草津温泉の湯畑周辺で旅館業を営んできた私の一族が、広大な緑に囲まれた自然豊かな町の外周エリアに、この地で初めてのリゾートホテルを開業したのが、約50数年前。私の祖父や大叔父の夢は「日本近代医学の父」と称され、明治天皇の主治医だったエルヴィン・フォン・ベルツが、草津に自ら土地を購入してまで臨んだにもかかわらず、道半ばで断念した「温泉保養地構想」を実現することでした。

「草津には無比の温泉以外に、日本で最上の山の空気と、全く理想的な飲料水がある。もしこんな土地がヨーロッパにあったとしたら、カルルスバート(現チェコの温泉地カルロヴィ・ヴァリ)よりも賑わうことだろう」と評し、草津温泉を広く世界に紹介されたベルツ博士に敬意を表し、私たちは今もその功績を語り継いでいます…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2022年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ