楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの二十二 近江・守山で「雷様」と対峙する

遂に悟りを開いた一休禅師、墨衣に破れ笠、腰には清めの酒が入った瓢箪を携え、空を流れる雲のように所を定めずに、諸国流浪の旅に出立いたします。丁度、近江の国は守山(もりやま)に差し掛かった折、其処に住まいする、百姓が皆、悄然として野良仕事をしております。

「はてな。妙な具合じゃ。これお百姓」「へぇ、これはお坊様、何ぞおましたか?」「ここは一体何所じゃ」「ここは、守山でやす」「守山で野洲(やす)とはこれ如何に?」「けったいな、坊さんやな。守山でございます」「ちと物を尋ねるぞ、噂によれば、ここに住まう者は皆陽気で、随分賑やかな土地柄と聞いておったが、皆一様にえらく塞ぎ込んでおるな。ここら辺りは米の産地、また山の中を通る道があるために、いつしか中山道(なかせんどう)と呼ばれるようになった街道の要。人通りも多いと聞いておったが様子がえらく変わっておるな」「やっぱり旅の方でもそう思われますか? お坊様に言うた所でどうしようもございませんが、実は近頃、雲の上の雷様が雷ばっかり落として、悪さをして困っております。いつ雷を落とされるかと思うて、皆びくびくしております。野良仕事も皆捗りませんので」「そうか、なるほどな。雷様が」

と暫し考えた後一休禅師は大きくを息を吸い込んで、「守山の雷よ〜雷よ〜降りて参れ」と大音をあげました。

やや暫くして空が一点黒く掻き曇り、ゴロゴロ〜ピカ〜真昼のような稲光を放ちながら、それへ現れたのが、八尺はあろうと大きな身体、釘の如く真っ黒な髪の毛、紅蓮の炎を思わせるような肌の色、所謂鬼のような姿かたちで、重々しい撥と太鼓を背に…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2022年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ