楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊業でサービス介助基礎研修実施!

1月8、9日の2日間、島根県松江市の松江しんじ湖温泉の旅館「なにわ一水」様で「サービス介助基礎研修」を2回実施させていただきました。

直接お客様の応対をされる接客スタッフだけでなく、営業から調理スタッフに至るまで受講いただきました。そこには同館の勝谷有史社長の強い思いだけでなく従業員スタッフの熱い思いも表れていたように感じました。通常の研修プログラムでは、顧客満足を得るためのHow―toをリクエストされることが多い傾向ですが、サービス介助基礎研修では「おもてなしと介助技術」を切り離すことはできません。

高齢者が一緒だと危ない! 障がいのある方が一緒だと旅は楽しめない!ではなく、どんな人たちにも旅を楽しんでいただきたい、「なにわ一水」だとそれが実現できる!というのが、皆様の思いでした。

高齢者・障がい者の特性を理解することで、障害者差別解消法にある「合理的配慮の提供」を実践していく。常に自分たちにできることは何だろうか?という問いかけに向き合い、相手を理解しようとする姿勢こそ、サービス産業に必要な「おもてなし」ではないかと思います。実際に、高齢者の白内障体験をすることで、見せ方・提供方法の工夫につながります。注意喚起に赤色だけでは気づいていただけないかもしれない、コントラストはどうだろうか?と議論はさらに続きます…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2019年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ