楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ダイバーシティとLGBTを考える

ダイバーシティ(Diversity)とは、直訳すれば「多様性」。もともとは、アメリカにおいてマイノリティや女性の積極的な採用、差別のない処遇を実現するために広がったものです。その概念が広がりを見せ、「多様な働き方」を受容する考え方として使われるようになりました。

日本はどうかと考えると、日本はLGBTに対する認知度がまだまだ低い状況です。どこかの調査では、自分が性的マイノリティであると認識している人は7・6%(約13人に1人)にのぼるとあります。この数字は、社会には左利きの人が10%いると言われることをイメージすれば、少ない数字ではありません。来年に迫ったオリパラ開催に向け、日本は、ホスト国としてどう対応すべきなのか? 宿泊施設でのチェックイン、トイレや入浴時に配慮すべきことなどを当たり前のこととして準備できているのだろうか?―観光産業として向き合う課題はかなり多いはずです。

すでに厚生労働省も「旅館業における衛生等管理要領」を改正し、同性カップルの宿泊を拒否することは旅館業法違反にあたるとしましたが、実際には宿泊を断られることが多く、改善指導が進まないのが現状です。障害だけがマイノリティでないことを私たち自身がもっと学ぶ必要があります…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2019年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ