楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

プロの料理人 「味」以外の部分が重要

私は料理人による「天地の会」を結成し、会長を務めさせていただいております。全国の旅館ホテルに料理長、料理人がお世話になっており、献立やイベントの相談などを受けております。季節ごとに献立は変えていかなければいけませんし、その旅館の経営状態によっても原価率との戦いもあり、どこの料理長も頭を悩ませる毎日です。

このコロナ禍、「健康」に関心を持つ人々も以前より増え、食事へのこだわりも増えてきました。料理や健康に関する本や雑誌の特集も多く見受けられます。その中には「おうちで簡単」「ひと手間でプロの味」など、ありがたいキャッチフレーズが書かれていますね。

最近本当によく感じますが、どの料理もしっかりとしたレシピがあって、その通りに計量し調理すれば料理初心者でも案外美味しくできるものです。例えばロボットが作っても、プログラミングさえしっかりしておけば、美味しく仕上げてくれるのです。

ただ、そうすると「プロの料理人の意味は?」となるのです。

和食料理人は伝統も重んじつつ、次の世代へと技術をつないでいくものですが、ただ美味しく仕上げるだけでは、もう生き残っていけないのではないでしょうか。ロボットや素人ではできないような技を身につけ、披露できてこそ「料理人」としての価値が付くのだと感じます。

料理の盛り付け方、彩り、包丁技術、懐石での器の流れ。料理人の感性と経験で、努力をした年月で培われていく「味」以外の部分もいかに重要かということです。もちろん、以前にも書かせていただいた料理のパフォーマンスや話術も、必要なことのひとつです。

昔はどの料理人も自分のノートを持ち、先輩の技を盗みながら夜な夜な包丁を握って技術を磨いたものです…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2022年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ