楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「すべての人」を対象にG20から万博へ

まずは、2日間にわたって開催されたG20大阪サミットが無事終了したことを喜びたいですね! 大阪サミットでは「安全・安心な会議環境を確保すること」を発信していたので、主要国首脳を守るのは当然ですが、子どもたちも守られていました。大阪市立の学校はすべて休業措置。多くの府立校も休校で、インテックス大阪に近い大学は、立ち入りさえ禁止でした!

大阪サミットの開催中に事件や事故が一件もなかったことは本当に喜ばしいことです。ところが終えんにちょっと笑えない小さな「ミス」が発せられました。笑いのセンス? はっきり言ってシャレが滑ったのでしょうね。

今、社会の関心事である「障害」、障害者差別解消法にある「合理的配慮の提供」や「障害の社会モデル」を考える今だからこそ「配慮が足りない」という反応も当然のこと。しかし戦国の時代はすでに過去の歴史です。純粋に太閤秀吉が建てた大阪城に登ってみたい! どんな景色が広がっているの? みんなの期待は大きく膨らみます。障害のある人や高齢者の純粋な声に当時の担当者は真摯に耳を傾け考えた末に88年前の天守閣内にエレベーターを設置することにしたのでしょう。もし忠実に復元されていたら誰も足を運ぶことはなかったかもしれません…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2019年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ