楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「新しい生活様式」が生み出す困りごと2

障害のある人のなかには「新しい生活様式」の必要性が十分に理解できず、自分と周りの人と適切な距離を確保することが難しい方もいます。例えば、知的障害のある方にとってはレジで並ぶ時の立ち位置を把握するのが難しい場合もあります。

人との適切な距離を確保するということが理解しづらい人にとっては、線を引くだけではわかりにくいのですが、靴のマーク表示をすることで分かりやすくなることがあります。

また、マスクを正しく着けることができず、それが周りに理解されにくいことがあります。理由は様々です。マスクを着けることで呼吸がしにくく、苦しくなる方や感覚過敏の人にとってもマスクの着用が難しいといった困りごとがあります。

マスクを着用していないことで感染症対策をしていないと思い込むのではなく、障害の特性が理由である方もいることを知識として正しく持つ必要があります。

ヘルプマークはこのような障害のある方や、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方が、まわりの人に配慮を必要としていることを知らせることができるマークです。ヘルプマークを携帯している方を見かけた時、私たちにできることは、まず見守ることではないでしょうか…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2021年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ