楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

虎も宿も若い世代に委ねる時

阪神タイガースが今年はペナント終盤まで頑張っています。そんな話題も20年に一度。お赦しください。

私事で恐縮ですが、愚息が今でも言っているのは、唯一父親から受け継いだのは(洗脳とも言いますが)タイガース愛だったと言っています。それしか残せない親でも、それが残せれば、また代々受け継がれていくはずです。頑張れ、阪神タイガース!

という話題はさておき、秋になると大学のゼミに新入ゼミ生が入ってきます。

今受け持っている中で、旅館のご子息、ご令嬢も3人。いずれの旅館も存じ上げていますが、私がいろいろと教わったのはお祖父さま世代なので、時代の流れを感じます。

彼らのやりたいことは、アウトドアビジネスであったり、新しい世代に受けるような旅館であったり、昔とはまるで違う発想で頼もしく思います。

また、先日ある秘湯の宿に出かけた時、玄関で出迎えてくれたのは、社長と一人の仲居さん。仲居さんは大学生アルバイトで、私の授業を春に受講していたそう。旅館で育ったわけではないけれど、いずれ女将になり旅館を経営してみたいという思いからアルバイトをしていたところで、私が泊まることを知り、接客係に名乗りでてくれたようなのです。授業はすべてオンラインでしたので会うのは初めてですが、そんなことをうかがうと教師冥利に尽きます。

大学の授業の期末レポートでは、自分が指定する旅館の事業を刷新すると仮定して、コンセプト決めから数値計画までを立てさせます…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2021年9月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ