楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toトラベル 地域活性化で追い風に

約半年間にも及ぶ19都道府県の緊急事態宣言と8県のまん延防止等重点措置が9月末で全面解除されました。今後のCOVID−19感染症の状況によっては予断を許さないことに変わりはありませんが、観光・旅行関連の事業者にとっては秋の行楽シーズンとともに再スタートが切れる状況になったと言えます。すでに観光庁による行動制限緩和に向けたワクチン接種済み・PCR検査陰性の証明書を活用した実証実験も始まりました。また、宣言と措置の発令中はメディアもほとんど触れることがなかった「Go Toトラベル」に関しては、事業再開の動きが出始めています。

今月15日、日本観光振興協会の役員が斉藤鉄夫国土交通相を訪れ、昨年末から停止している「Go Toトラベル」事業の早期再開と来年度以降も継続することを要望しました。国交相は「Go Toトラベル」について、『継続的』がキーワードである」と積極的に検討する考えを示しています。

また、翌日16日の岸田文雄首相の記者会見では、「Go Toトラベル」に言及し、「昨年の経験を生かし、改良すべきことは改良すべきだ」と述べ、過去の利用状況から「平日と中小零細事業者にはポイントを『深掘り』する」との発言もあり、事業再開に対して意欲的な態度を示しました。

これらの発言が我々にとって追い風になることを期待したいところです。しかし、世間では最近のリベンジ&リバウンド消費が確実に増えていることから「Go Toトラベル」不要論が出ています…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2021年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ