楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

平戸はインバウンド発祥地

長崎県平戸市にある平戸城で日本で初めての城泊(キャッスルステイ)をすることになった。2017年4月であった。

今回の城泊はあくまでもイベントとしての実施で、宿泊は限定1組のみ無料招待で募集した。

そうすると、なんと2週間にも満たない期間で7500通を超える応募があり、さらに半数以上は海外から、特に欧州からの応募が大半を占めるという驚くべき結果となった。

欧州ではすでに城泊が当たり前のものとなっており、複数の城泊が存在する。

欧州の城と日本の城は同じカテゴリーではあるものの、文化の大きな違いによりハードとしてはまったくの別ものであることから、より関心を持ってもらえたのであろう。であるなら、この城泊を常設化し、平戸市の観光戦略の基軸とすべきではないか、と考えた。

そもそも平戸は古くから海を通じた交流が活発な場所であり、遣隋使、遣唐使の時代は中国大陸に渡る際の寄港地として使われ、弘法大師なども平戸に立ち寄っていた…

(百戦錬磨・観光創生班)

(トラベルニュースat 2020年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ