楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ダブルブランドで集客 東急ステイ メルキュール 大阪なんば

このところ大阪や京都で新規ホテルの出店が盛んである。コロナ禍という予期せぬ災いに遭遇しているにも関わらず、にだ。多くはコロナ前の計画だったのかもしれないが、次々に新たな姿を見せてくれる。

2022年12月1日、大阪市中央区の心斎橋商店街と御堂筋を挟んで新戎橋側に「東急ステイ メルキュール 大阪なんば」が開業。東急グループの中・長期滞在型ホテルブランド「東急ステイ」と、フランスのホテルチェーン・アコーのデザインにこだわったスタイリッシュなホテル「メルキュール」のダブルブランドのホテルである。

まずは立地がいい。大阪の動脈である御堂筋線の「心斎橋」から「なんば」駅間にあり、いずれの駅から徒歩4―5分。御堂筋を挟んで、物販や飲食、ドラッグストアをはじめ、高級ブランドショップが軒を並べる大阪ミナミの繁華街・心斎橋がある。朝から深夜まで楽しめる街だ。

ホテルは地下1階地上18階建て。黒を基調にしたシンプルでおしゃれな外観の建物で、ファッショナブルな街「心斎橋」によく似合う。ガラス張りのエントランス、すぐにバーカウンター、フロント、テラスがあり中庭がある。ロビーフロアの壁面には造花の植栽の「グリーンポット」をあしらい、庭と一体となったようなボタニカルな空間を創造している。

客室数は288室。デザインテーマは「クリエーターズアトリエ」。大きくあいた開口部から大阪市内の眺望を取り込み、斬新でシックなデザインでまとめられた大人の空間である。客室タイプは広さ約21平方メートルの「スタンダードツイン」から同30平方メートルの「アクセシブルツイン」まで全12タイプ。全室バス・トイレ分離型で、使い勝手を考慮している。中心は82室ある同25平方メートルの「スーペリアツイン」。ベッドサイズはツインが幅1100ミリ、クイーンが同1700ミリとゆとりのサイズを採用した。

そして全室の約3割弱に電子レンジ、ミニキッチン、洗濯乾燥機を配置し…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2023年1月1日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ