楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   インバウンド

インバウンド

訪日ベジタリアン、ヴィーガン受入体制強化へ 観光庁、飲食店向けにガイド作成

20/04/05

観光庁は4月2日、飲食店向けにベジタリアン、ヴィーガンの訪日外国人客への対応ガイドを作成、発表した。 同庁の調査では、ベジタリアン、ヴィーガンの訪日外国人客は2018年で年間145―190万人来訪、飲食費は450―600億円と推計され...

訪日客の旅行保険加入は7割、受入は会話に不安 観光庁が訪日客の医療実態を調査

20/04/03

訪日旅行者が日本での旅行中に安心して医療サービスを受けられる体制を整えようと、観光庁は3月27日、訪日旅行者や旅行会社、旅館ホテルなどを対象に実施した実態調査結果をまとめた。旅行者は7割強が旅行保険へ加入して不慮の事態に備え、受入側は会話対...

プロントでタイ料理フェア開催中 食べて、感じて、訪れて

20/03/25

タイ国政府観光庁(TAT)は3月16日から、全国のプロントで「タイフェアat プロント FEEL Thai, EAT Thai, VISIT Thai」を開催している。プロントのバータイムで、タイを感じてもらい、食べてもらい、タイに誘う。6...

皇居前広場

2月の訪日客 前年比152万人の減少、中国は9割減の8万7千人

20/03/23

日本政府観光局は3月19日、2月の訪日外客数が前年比58・3%減の108万5千人だったと発表した。5カ月連続で前年を下回った。 コロナウイルスの世界的な感染拡大で、昨年に比べ152万人減少した。 国別では、訪日国トップの中国が前...

東北への訪日宿泊客が19年は156万人泊に 復興の取り組み奏功し目標前倒しで達成

20/03/11

3月11日、東日本大震災の発生から9年を迎えた。復興の道はまだ半ばだが、あらゆる面で取り組みが続けられている。観光においても、このほど観光庁がまとめた2019年の宿泊旅行統計調査の速報値において、東北6県の外国人延べ宿泊者数が155万8千人...

JNTO、20年度の「官民連携事業」を再募集

20/02/29

日本政府観光局(JNTO)は、ビジット・ジャパン事業の一環として民間企業と連携して訪日客誘致に取り組む「官民連携事業」の2020年度の事業アイデア案を再募集している。昨年11―12月に公募していたが採択案がなかったため。 同事業は、訪...

新型コロナをやり過ごす 今はダメだけど戻ってくる 

20/02/28

今日のゲストは自転車ツアー男性6人とカヤックツアー女性1人の計7人だった。自転車ツアーはオーストラリアからのグループで、1人はリピーター。今回は友達5人と一緒に参加してくれた。白馬で5日間滑った後、京都を観光し、明日、シドニーに帰る。 ...

韓国低調で4カ月連続減 1月の訪日客

20/02/27

日本政府観光局(JNTO)によると、1月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比1・1%減の266万1千人だった。前年を2万8千人下回り、4カ月連続で前年割れとなった。 今月の低調さも韓国が同59・4%減の31万7千人と急減速したことが...

タイ観光庁 2020年はスポーツツーリズムを楽しんで

20/02/19

タイ国政府観光庁(TAT)は2月10日、東京・内幸町の帝国ホテルで会見を開き、スポーツツーリズムを中心に、2020年タイ観光の楽しみ方や見どころを紹介した。 [caption id="attachment_11436" align="...

さっぽろ雪まつり閉幕 新型コロナなどで来場者72万人減

20/02/12

札幌市の大通公園などで開かれていた、「さっぽろ雪まつり」が11日夜、閉幕した。実行委員会によると期間中の来場者は202万1千人で、昨年より71万6千人少なかった。 [caption id="attachment_11345" alig...

インバウンド アーカイブ

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ