楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   観光行政

観光行政

コロナ影響で国を挙げての支援を 日観振ら観光6団体、観光庁長官に要望書提出

20/03/31

日本観光振興協会など観光6団体は3月27日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う観光関連についての要望書を田端浩・観光庁長官に提出した。 要望書に名を連ねたのは、日本観光振興協会(山西健一郎会長)、日本旅行業協会(田川博己会長)、全国旅行...

観光庁、新型コロナ対策で予備費36億円 観光需要回復期へ備え

20/03/26

政府は3月10日、観光庁関係の2019年度予備費の使用概要を閣議決定した。観光業、観光地の新型コロナウイルスの感染拡大の影響への対策で、総額35億7200万円を充てる。 内訳は、「日本政府観光局(JNTO)による正確な情報発信」に10...

第6回ジャパン・ツーリズム・アワードを募集 5月29日まで

20/03/23

日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局が主催の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」では、優れた旅行商品や地域活性化に貢献する取り組みを顕彰する「第6回ジャパン・ツーリズム・アワード」を募集している。 「国内・訪日」「海外」...

旅行業務取扱管理者研修で経過措置 コロナ感染拡大受け

20/03/23

観光庁は3月10日、旅行業務取扱管理者の定期研修、旅行サービス手配業務取扱管理者の研修について、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で研修開催が延期されることから、有効期間満了までに未受講となる人への経過措置を定めた。 旅行業務取扱管...

人数、消費額とも増加 2019年国内旅行、消費増税はね返す

20/03/17

観光庁は2月19日、2019年の日本人国内旅行者数が速報値で前年比4・4%増の5億8666万人だったと発表した。国内旅行消費額は7・0%増の21兆9114億円と大きく伸びた。 年間旅行者数のうち宿泊旅行者数は7・0%増の3億1142万...

宿泊業を技能実習2号の移行対象職種に追加 厚労省、外国人技能実習制度で

20/02/27

厚生労働省は2月25日、外国人技能実習制度において省令を改正、宿泊業を技能実習2号の移行対象職種に追加した。宿泊職種で技能実習2号を修了した技能実習生は、無試験での特定技能1号への移行が可能になった。 これにより、3年間の技能実習期間...

旅行会社専用の窓口、運輸局に開設 新型コロナ拡大に対応

20/02/25

観光庁は2月17日から、新型コロナウイルスの感染拡大により経営環境の変化に直面している旅行業者などを支援するための特別相談窓口を全国の地方運輸局に開設した。 中国への企画旅行の取りやめ、手配旅行の自粛および中国からの団体旅行や個人向け...

観光庁、インバウンド誘客市場の多角化へ実証事業 公募を開始

20/02/20

観光庁は2月18日、「観光地における新規市場の開拓・多角化に向けた実証事業」の公募受付を始めた。 同事業は、インバウンド誘客において、誘客ターゲットとなる市場の多角化が目的。観光客の割合が特定の国・地域に集中している観光地の新規市場の...

二階幹事長

20年度の日本観光を展望(3) 新年交流会に二階幹事長ら出席

20/02/14

全体会議後には、観光関連団体などが主催する恒例の「新年交流会」も同ホテルで開かれ、赤羽一嘉国土交通大臣、二階俊博自民党幹事長、菅義偉内閣官房長官があいさつした。 赤羽国交相=ラグビーワールドカップでは、地域と選手の交流を目の当たりにし...

20年度の日本観光を展望(2) トップらの声に聞く現況と課題

20/02/14

全体会議では、各分野から数人が近況や課題について意見を述べた。 このうち全日本シティホテル連盟の清水嗣能会長は昨年、外国人の新たな在留資格として設けられた特定技能制度について「国の方針は増やす方向だが、地域の出入国管理局では必ずしもそ...

観光行政 アーカイブ

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ