楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本盛岡支社、9月7日限定で「あおもりシードル・りんご酒号」運行

19/08/07

JR東日本盛岡支社は9月7日、イベント列車として、「あおもりシードル・りんご酒号」を運行する。列車内ではシードル、りんご酒、おつまみを用意するほか、あおもりシードルの説明会などを実施。電車の旅を通じ、青森のシードル・りんご酒の魅力を発信する。

「あおもりシードル・りんご酒号」

「あおもりシードル・りんご酒号」

イベント列車は、7月1日~9月30日で開催している『ひと旅 ふた旅、めぐる旅。青森⇄函館 夏の観光キャンペーン』の一環として実施。1日限定のイベント列車は、日帰りびゅう旅行商品として発売される。

旅行商品名は、あおもりシードル・りんご酒号の旅。発着は、八戸駅午後3時発、青森駅午後4時40分着。旅行代金は、大人1人6900円。2人以上で1人500円引きになる。旅行代金には、①「あおもりシードル・りんご酒号」乗車券(座席指定)、②「リストランテ澤内」ピンチョス(おつまみ)、③「A-FACTORY」アオモリシードルスパークリングスタンダード 200ml、④「桃川」雪りんご 275ml、⑤「ニッカウヰスキー」 ニッカシードルロゼ 200ml、⑥「白神山美水舘」白神山地の水350ml-の六つが含まれる。

「列車内では、青森県八戸市のリストランテ澤内謹製のシードルに合うおつまみとシードル・りんご酒3種類の他、『あおもりリンゴ酒推進協議会』と連携し、10 種類以上のシードル・りんご酒等の飲み比べができる試飲コーナーを用意した。また、自慢の酒を買うこともできる。ぜひ夏は青森に訪れてほしい」と同社。

申し込みは、びゅうプラザ、またはびゅう予約センターまで。

車内提供商品、イベント

車内提供商品、イベント

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ