楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“ブラック”と言われて

18/02/26

人材どころか人手さえ足りない観光業界。後継者がおらず廃業する旅行会社、客はあっても従業員がいないために休館する旅館ホテル。何とか人手を確保しようと、求人募集を何度も試みるものの、なかなか人が集まらない…。

ある旅行会社が今春卒業する新卒者の採用を働きかけようと学校を訪ねた。応対した就職活動の担当者は、旅行業界の“ブラック企業”の具体名を次々に挙げていき、挙句の果てには「旅行会社には絶対に就職させない」と断言されてしまった。旅行会社に対する信頼度がこれほど低いことに驚いたという。

それでも何とか話は続けられたらしいが、逆に「本校の学生が御社に入るとした場合、学生に聞かせる将来ビジョンを教えてほしい」と迫られ困惑し、生半可な気持ちで新卒者は雇えないと実感したそうだ。

本来、修学旅行などで添乗員と接し、学生にとって旅行会社は疎遠な存在ではないはず。修旅の添乗以来、当時の学生と今も付き合いが続いているという旅行会社社員に会ったこともある。この彼我の差は時代が変わったことだけが理由なのか。

社員が辞めないこと、他の会社から人を引き抜くよりプロパーを育てること。人を新たに雇うよりも、この2つが大事だと言われるが、読者諸兄の会社はどうだろうか?

(トラベルニュースat 18年2月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ