楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業は情報と情熱で

18/03/12

先日とある会合で、数人の旅行会社の若手経営者に少し意地悪な質問をぶつけてみた。「団体から個人に客層が変化しオンライン・トラベルエージェントが台頭する中、これまでの旅行会社の存在価値が危ぶまれている。そんな環境下で起業した皆さんの勝算はどこにあるのか」。

彼らの口からは「やる気があれば仕事はいくらでもある」「店に来たお客様は必ずリピーターにする。それだけ満足してもらえるツアー内容と接客にこだわっている」「大きな団体はないかもしれないが、20人ほどのグループなら結構集まる」など、前向きな言葉が次々に出てくる。要はやり方次第、モチベーション次第で旅行業界の前途はまだまだ開けるではないか、とうれしくなってきた。

彼らと話す数日前に話した旅行会社の若手社長も「お客様に満足いただくために行き先の立寄施設や宿、食事の場所を徹底的に調べ倒す。現地に行けなくても電話でこちらの主旨をご理解いただく」。

こういった話を聞くと彼らは特別なことをしているのではなく、本来の旅行業の原点に戻って“熱い思い”を持って仕事に励んでいることがわかる。旅行業は情報産業であり、その情報をうまく加工し伝える情熱産業であることを若い彼らに気づかされた。

(トラベルニュースat 18年3月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ