楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

原点回帰で需要生む

18/04/25

団体客が減ったと言われて久しい。確かに大型団体は以前のような数はない。しかし、旅行会社の若手経営者数人は異口同音に「提案次第でグループ客は掘り起こせるし、満足度を高めるよう対応をすれば仕事はいくらでもある。仕事がないと言っている人は営業をしていないからだ」と言い切る。

先日も、インターネットを通じて社員旅行の仕事を次々に受注している経営者から「社員旅行や職場旅行など団体旅行に特化した仕事で利益を出している」と聞いた。今どき社員旅行や職場旅行をする会社はどれだけあるのかと懐疑的に思いがちだが、実は旅行の企画内容次第で確実に需要はあるそうだ。もちろん、以前のような宴会で騒いで上司に酒を注いで回るようなものではない。社内のチームワーク向上やモチベーションアップなど、その会社が求めているものを捉え、旅行として提案することが仕事につながっているのだという。

要は手垢のついた、ありきたりのツアーではなく、顧客目線の付加価値があるツアーを造成しているというわけだ。何も特別なことをしているわけではない。本来の旅行業のあり方を実践しているだけなのだ。旅行業の原点に回帰することが、新たな需要を生み出している。旅行業界全体がそうあってほしい。

(トラベルニュースat 18年4月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ