楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四字熟語で2022年の観光を占う(3) 恩拓広大・楽財忍環・転化太平

地域資源で未来を拓く

【恩拓広大】 井村さんが選んだ「拓」から、注がれる愛や慈しみが極めて大きいことを意味する四字熟語「恩沢洪大」を転じた。

井村さんは「バーチャルな旅行やワーケーションなどが本格的になり、一つの商品として確立」したのは「コロナだからではなく、そのアイデアを生かして新たな商品として命が吹き込まれた」とみる。特に分身ロボット(アバター)を活用して「障がい者や高齢者でもどんな人でも海外旅行に行ける。宇宙旅行も」と、未来を拓く旅の開発に期待する。

誰もが観光、旅行を楽しめるよう慈しみの心を持って、最新技術も駆使すると、我々のやるべきこと、市場は広大に違いない。

今こそ人の環を広げる

【楽財忍環】 佐藤さんが選んだのは「忍」。「残念ながら耐え忍ぶしかないと思います」と今年1年を見通す佐藤さんだが、人との交流や仲良くすることに本当の楽しさがある―を意味する四字熟語「楽在人和」をあてた。

いまコロナ以外にも不安材料はてんこ盛りだ。北京五輪を目前に控える中、米中関係の不透明感が日本にも暗い影をさす。「米国に追従して中国非難にまわろうとしており、中国が数年前の対韓国のように『日本へ訪問禁止令』を出すようになれば…」と佐藤さんが憂うのは、仮に感染が収束してもインバウンドの回復に水を差すのは間違いないから。Go To再開へ過度に期待するのも「ほかに不祥事が明らかになったら…」と不安視する。

それでも、耐え忍ぶ中に人の環を広げていくことが将来の楽しみ、財産になっていくのだろう。そんな思いの「楽財忍環」だ。

自ら変転し反転攻勢

【転化太平】 「転」を選んだ山田さん。今年は「観光業界が『反転攻勢』に打って出る年」とみる。

ただし、自ら「変転」しないと反転攻勢には出られない、と山田さん。「これまでのやり方を、売り方を『変転』することができるか?」。山田さんはそれを「イノベーション」だと訴える。でも「『空転』しないように気をつける」こととアドバイス。「業界や地域で『逆転勝利』に結びつけましょう」。

その先には、業界にも地域にも世界の人々が笑顔で過ごすことができる「天下泰平」が必ず待っているはずだから。

(トラベルニュースat 22年1月1日号)

(前の記事)四字熟語で2022年の観光を占う(2) 滅資彷徨・伴時万端

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ