楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

データとおもてなし

19/06/25

ある百貨店が顧客のデータベースを活用し、来店した顧客にひと声かける取り組みを始めた。「Aさん、いらっしゃいませ」というものだが、それが顧客から大ブーイングを浴びた。顔も知らない店員から名前を呼ばれることに“不気味さ”を感じ、さらに、なぜ口をきいたこともないない店員が自分の名前を知っているのか、と。つまり、この百貨店では個人情報が筒抜けになっているということで信頼を落としたらしい。おまけに売り上げも激減したという。

以前、旅館の若手経営者から「我々の仕事がお客様に感謝されるのは、人と人との顔が見えるふれあいがあるからだ」という話しを聞いたことがある。曰く、著名なホテルのドアマンが1千人の顧客の顔を覚えていて声をかけてあいさつをするという伝説的な話がある。これをデータベース化したものを持ち、顧客に声をかけたところで顧客の心には響かない…とも。

顧客の人となりや顔見知りであるからこそ気持ちが伝わるのであって、いくらデータを元に同じことをしても本質的なものを伝えることはできない。互いの顔が見えるからこその信頼であり、そこからしか関係を結び深めることはできない。これは旅館業に限らず、旅行業、観光業全般にも当てはまるのではないか。「おもてなし」の原点だと思う。

(トラベルニュースat 19年6月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ