楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

会員全員で協会運営

19/07/25

中小旅行会社で組織する、ある旅行業団体は組織内に3つの委員会を設け、会員は必ずいずれかの委員会に所属し会運営に携るという、ユニークな方式を採っている。その委員会は固定的なものでなく、一定の成果を上げれば発展的に解消。新たな委員会もしくは部会を設けて、時流に即した活動を展開する。

旅行業団体の長は「役員だけで運営する時代ではない。国内だけでなく世界のOTA(オンライン・トラベル・エージェント)が旅行業界を席捲する厳しい環境下で、小さな旅行業団体に入っているメリットは何かと人任せに関わってもらっていては困る。会員自らが会のメリットを見出し、共栄していこうと心意気がないと会運営はできない」と言い切る。

この旅行業団体のように、会員自らが加入のメリットを見出すために会運営に携るという団体は多くはないとは思う。この団体の会員は50社ほどなので「小さい所帯だからできる運営だ」と、一蹴する人もいるかもしれない。

しかしながら、会員一人ひとりが当事者として組織を運営していく体制をつくることは、規模の大小に関わらずできることだ思う。そのことが結果として、会員のための組織運営にもつながっていくことだと改めて感じた。

(トラベルニュースat 19年7月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ