楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

鳥羽の奥野さんを偲ぶ

18/10/10

三重県鳥羽市の鳥羽市温泉振興会で発足当時から事務局長を務めてきた奥野和宏さんが9月末に亡くなった。奥野さんと弊社の関係は深く、弊社先代社長の故・田野貴一が営業部長を務めていたころからになる。

当時は鳥羽シーサイドホテルに勤務され、現在の同ホテル建て替えの際に大きな役割を果たされた。弊紙では、鳥羽を代表する旅館ホテル経営者を集めて座談会を幾度となく開いたが、つねに奥野さんと相談しながら進め、話題豊富な座談会となった。今も続く伊勢志摩や鳥羽の特集もそのつど奥野さんからアイデアをもらってタイムリーな紙面を続けられた。古い名作映画を見て地域を見直す「観光地映画祭」を弊社の発案で開催する際も協力体制を敷いていただき6年続けた。結婚30周年を迎えた夫婦を祝う「真珠婚」や、大型クルーズ客船を見送る「赤いハンカチ」なども奥野さんの発案だ。

奥野さんはいつも伊勢志摩、鳥羽という地域を思った。20年も前から一旅館云々で物事を捉えず、伊勢志摩、鳥羽にどのようにして観光客を来てもらえるかを考え地域内の「宝」を探し、磨き続けた人だった。勉強熱心で、常に自分でしか読めない細かい字で思いついたことをメモにまとめていた。そんな姿をこれから見ることができないのは寂しい。合掌

(トラベルニュースat 18年10月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ