楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

金沢市、山野市長の主張

20/12/10

先日伺った石川県と福井県の旅行業協会協力会総会に金沢市の山野之義市長が出席。あいさつを行い一度退席されたが、総会終了後の意見交換会に再び顔を出された。「どうしても伝えたいことがあって、来させていただいた」。そして山野市長は「Go Toトラベルキャンペーンで多くの観光客が金沢に来ておられるが、新型コロナウイルスの感染者は増えていません」。

山野市長は、金沢市内の訪問先として観光客が多い金沢21世紀美術館の来館者数推移を提示。9月の4連休に始まり、Go Toトラベルで東京が対象に加わった時、金沢市が実施する金沢宿泊キャンペーン、11月の3連休など、いずれも来館者数が大幅増の波ができている。

ところが、そのグラフに市内の感染者数の推移を重ねてみると、感染者数はまったく増えていない。両者に相関関係はないことを示した。「今、日本人のメンタルが弱くなり自殺者が増えている。GoToをやめろという声があるが、かろうじて動いている経済活動を止めて何の意味があるのか。今、我々は経済というより、社会をきちんと動かすことに注視しなければいけない。萎縮、油断することなくコロナと付き合うべきだ」。そう言って再度、公務に戻っていかれた。参加した多くが山野市長の発言にうなずいた。

(トラベルニュースat 20年12月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ