楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

関東へ“関西力”を示す時

19/11/25

関西に住む者にとって関東周辺の地理感覚は乏しい。白地図を手渡され、県名を書き込むといよいよ怪しくなる。我々でも心許ないが、一般消費者はなおさらだろう。観光客は県を意識して観光地に行くわけではないので、県の位置関係はどうでもいいのかもしれないが、それでもA県のB観光地に、というイメージ付けは各県にとって力を入れたいところだろう。

栃木県は昨年に大阪事務所を開設し、関西からの観光客誘致に力を入れ始めた。栃木県への関西からの観光客は5・6%を占めるに過ぎない。そこで「栃木県は関西人にとって未知の世界」とうたいアピールしている。その一つが旅行関係のライターや編集者を招待し、観光のみどころを見てもらう取り組みだ。しかし、大谷石記念館や日光、中禅寺湖、華厳の滝、那須高原などの名前は聞いたことがあっても、ほとんど見たことがないという関西の編集者が多いらしい。栃木県の関西客のシェアが低いのもうなずける。

新潟県も北陸新幹線金沢開業から毎年、関西の旅行会社を対象にした商談会を開き、関西からの誘客に注力している。これまで首都圏中心だったところが関西市場に乗り出してきている。関西客を増やそうとする各県の試みに受けて立ち、関西の旅行会社のパワーを示したい。

(トラベルニュースat 19年11月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ