楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

食農観光の連携 JTBグループのPJから(1) J’sAgri・輸出からブランド化へ生産者と二人三脚

JTBグループが取り組んでいる食農観光の連携プロジェクト。JTB西日本では、果物を中心とした農産品を海外へ流通させると同時に、生産地への旅行を訪日観光の目的へと促す「J’s Agri」事業に取り組む。JTBパブリッシングは、旅行雑誌「るるぶ」の編集者が全国各地を取材して見つけた食材を提供する飲食店「るるぶキッチン」を展開している。いずれも、日本の高品質な食農を流通、情報化することでヒトの交流促進につなげようという試み。その取り組みは実を結びつつあるという。取材した。

品質、価格面で土俵整備 次は着地型へ

内需中心だった日本の農業を輸出型に転じさせる戦略を小泉内閣が打ち出した2005年、「面白そう」と手を挙げたのが、当時グループ会社に出向していた現JTB西日本営業部の西川太郎部長。以来12年あまり。ブドウやモモ、イチゴの販路を海外に求め、生産者と二人三脚でブランド化に努めてきた。

当初は農水省やJETROなどと連携し、海外で商談会を開催するなどしていたが、13年からJTB独自事業としてスタート。15年には「J’s Agri」ブランドも立ち上げた。

「海外への進出を本気で取り組む生産者とやってきました。テスト時にはいろんなことがありました。梱包の仕方がいい加減で輸送途中でブドウの実が落ちたり、今年は天候が悪いからと出荷するフルーツを打算で送ろうとする農家もいました。ブランドの構築は積み重ねで、たった1回のクレームで崩れてしまうもろいものだ、とか説いて回りました。その代わり、我々は台湾、香港のベンチマークとなる高級百貨店やスーパー、バイヤーとの関係づくりに取り組みました」

JTB西日本営業部西川太郎部長

食農と観光の連携は
「旅行の世界と同じ」と西川部長

高品質な農産物づくりと販路開拓を行っていくと同時に、運輸会社とコラボして輸送コストを低減。価格面でも勝負できる土俵を整えた。また、大手ECサイトを経由して海外の消費者へ直販することも始めたものの、供給サイトでは自ら価格決定もなく、うまみもない。そこで西川部長は独自サイトを立ち上げる。

「今年9月にスタートしたばかりです。立ち上げ時の会員は100人に過ぎませんが、近い将来に1万人に引き上げたい。そうするとこの事業を軌道に乗せることができます」と意気込む。

(トラベルニュースat 17年11月25日号)

(次の記事)食農観光の連携 JTBグループのPJから(2) るるぶキッチン・編集者が見つけた食材提供

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ