楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

食農観光の連携 JTBグループのPJから(2) るるぶキッチン・編集者が見つけた食材提供

J’sAgri 次は着地型旅行で訪日客誘致へ

農産物の輸出事業にメドがついたところで、西川部長が次に取り組むのが産地を訪れる着地型旅行の定着だ。

「今年冬に初めて、京都府八幡市でイチゴ狩り体験ツアーをやりました。外国人の受け入れに二の足を踏む生産者には外語表記のボードを手づくりして渡すなどして障壁を取り除きました。関空の案内所など限定した取り扱いだったにも関わらず、200人も集められた。実は、食農と観光の連携が、旅行会社がインバウンドのFIT化に対応する方策の一つではないかと手応えを得ました。次は、より地方へ宿泊をセットしたプランを造成していきます。生産者も地方も我々もウインになれる、これって人を楽しませてナンボの旅行の世界そのものです」と笑う。

全国各地を“特集”

 
10月31日、京都市中京区に「るるぶキッチンKYOTO」がオープンした。週末夜は4回転するなど女性や外国人を中心に人気を得ている東京・赤坂店に次いで、満を持して2軒目を立ち上げた。

京都店は、カウンターと小さなテーブルの約30席。編集者が全国で見つけてきた、いぶりがっことクリームチーズなどご当地食材を使った料理と地ビールや地ワインを提供する。店内にはプロモーションコーナーがあり、観光PRの映像を流すモニターやガイドブック棚を設置。2週間から1カ月単位で全国各地を“特集”していく。

るるぶキッチンKYOTO

「るるぶキッチンKYOTO」。
カウンター上には雑誌も並ぶ

マネージャーの青木洋高さんは「飲食を通じて、お客様の次の旅行につながる店にしていきたい」と話していた。

(トラベルニュースat 17年11月25日号)

(前の記事)食農観光の連携 JTBグループのPJから(1) J’sAgri・輸出からブランド化へ生産者と二人三脚

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ