楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「観光維新」で諸課題に正対 全旅連全国大会in茨城に1千人参加(1) 民泊問題と人手不足の対応を宣言

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連、多田計介理事長=美湾荘)は6月5日、茨城県水戸市の水戸プラザホテルで「第97回全旅連全国大会in茨城」を開いた。大会テーマは「観光維新」で、約1千人が参加した。あわせて全旅連青年部創立50周年記念式典も開かれ、映像を通して歴代部長の取り組みが紹介された。

百年後まで夢が持てる業界に

全国大会の冒頭あいさつで多田会長は「人材不足が叫ばれる中で、ベトナムのハノイ大学からグエン・ヴァン・チャオ学長、中華民国ホテル旅館・旅行業国際推進協会の徐銀樹理事長にご参加いただき、全国大会に花を添えていただいた」と謝辞を述べ、「令和という新しい時代での全国大会を契機に、全国の組合員が心をひとつにして業界を取り巻く諸問題を乗り切りたい。百年後まで夢が持てる業界として成長発展するよう切磋琢磨しよう」と呼びかけた。

全旅連全国大会in茨城

全国大会の冒頭に多田会長があいさつ

来賓からは、茨城県の大井川和彦知事が「観光産業の中核として地域経済の発展に重要な役割を果たされていることに敬意を表したい」。水戸市の高橋靖市長は「今回を機に水戸徳川家ゆかりの偕楽園や弘道館、芸術文化を世界に発信する水戸芸術館など歴史や文化に触れてほしい」と水戸観光をアピールした。

このあと厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰や全国生活衛生同業組合中央会理事長感謝状、全旅連会長表彰、第22回「人に優しい地域の宿づくり賞」などの表彰式が行われた。人に優しい地域の宿づくり賞の厚生労働大臣賞は千葉県旅館ホテル生活衛生同業組合の「宿のバリア情報の積極的な公開が、『集客拡大』に繋がっていく」、全旅連シルバースター部会長賞は滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合の「食品衛生法改正に伴う『滋賀県組合HACCP衛生管理促進への取組み事業』」などが受賞した。

また、大会では民泊問題に触れた「われわれは各種法規制を遵守し、宿泊者や地域住民の安心安全を第一義に真摯に営業を行っており、特に違法民泊施設については断固として取り締まりの強化を求める」、人手不足による人材確保についての「法の理念を遵守し更なる外国人労働者受入について、邁進し生産性向上に努める」といった内容の大会宣言を決議した。

(トラベルニュースat 19年6月10日号)

(次の記事)「観光維新」で諸課題に正対 全旅連全国大会in茨城に1千人参加(2) 青年部50周年式典も開催

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ