楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業プラス・ワン 全旅・中間社長3期目の決意(2) 5600社の価値創造

地域貢献で生き残り策

こうした会員の収益につながる施策を次々に打ち出してきたが、旅の原点に中間社長は思いを馳せる。

「人と人とが介することこそが旅。我々の経験値は、お客さんにお返しできるものが必ずあるはず。ともすればお山の大将になりがちな我々ですが、全国5600社のネットワークを発揮することで、その価値をさらに高めることもできます。市場減少は避けられず手数料で食べていけなくなります。その時に何をするか。旅行業プラスワンで生き残りを図っていくしかありません」

中間社長が描くプラスワンは、地域に貢献し活性化していくことに加勢していくところにあるとみる。「七人の侍」という全旅役員とともに「立ち止まらず、妥協せず、欲なく良くする」と、3期目を迎える。

(トラベルニュースat 19年6月25日号)

(前の記事)旅行業プラス・ワン 全旅・中間社長3期目の決意(1) 会員向け施策など奏功

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ