楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今だからできること 観光業界“菌休対策”(2) 対策万全の花見ツアー

「旅行会社が何もしないというのはどうか」 京都の旅行会社2社

例年だと国内外から観光客が押し寄せる京都。この春はいつもと異なる様相だが「やっぱり見たい京都の桜」と冠して、京都のウイニングトラベルサービス(常田学社長)とチェルカトラベル(井上雪子社長)が、可能な限り新型コロナウイルス対策を施したバスツアーを企画した。

ツアーは、バス車内を1人掛けにし除菌と換気を徹底、昼食時も斜交いに座り参加者同士の距離を一定に保つ。手指アルコール除菌をひんぱんに行い、全員マスク着用が必須。当日は、発熱は無論、風邪の症状がある人は参加できない。

やっぱり見たい京都の桜

「やっぱり見たい京都の桜」と冠した
コロナ対策万全のツアー告知チラシ

常田社長は「ツアーで立ち寄る昼食施設は、お客さんの減少は見ておられない状況です。バス会社も同じです。旅行会社はもっと厳しい状況ですが、我々が行動を起こして『新型コロナウイルス対策をしながら楽しむバスツアー』の取り組みが全国に広がっていけば」と話す。

井上社長も「せっかく京都で美しい桜が咲くシーズンを迎えるのに、旅行会社が何もしないというのはどうかと思って、バスツアーを企画しました」と語っている。

ツアーは、春の花街散歩と紅しだれ桜(1万4800円)と大原花見散歩と三千草弁当(9800円)の2つ。いずれも3月25・27・28・29日が実施日で、すでに催行が決まった日もある。

厳しい環境下だからこそ1人でも多くの人に元気を与え、笑顔になってもらう−それが今旅行業がやらなくてはいけないことではないか、と話す常田、井上両社長。京都から全国へ春の新風を吹かせてほしい。

(トラベルニュースat 20年3月25日号)

(次の記事)今だからできること 観光業界“菌休対策”(3) 「十石舟」は特別態勢で運航
(前の記事)今だからできること 観光業界“菌休対策”(1) 予祝新聞と手づくりマスク

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ