楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

苦境に耐えうる「真水」を 全旅連・多田計介会長にコロナ禍の現状と展望を聞く(3) 商売継続のため施策推進

旅館ホテルは地方創生の主力産業を自負

―新型コロナウイルス感染症が収束しても宿泊業界のあり方は大きく変わるでしょうね。

これまで地震や災害に大きな影響を受けてきましたが、観光業の救世主と呼ばれたインバウンドも新型コロナ感染拡大で一挙に崩れました。回復にはかなりの時を要すると考えるべきでしょう。しばらくは国内旅行が主となります。ある意味、魅力の再構築がなされなければならないと思います。

全旅連・多田計介会長

東京の本部、全国の事務局職員の存在が
頑張れる糧と強調した多田会長

―9月24日に開催されることになった山口県での全国大会を含めて、宿泊業界、全旅連会員へ元気になるメッセージをお願いします。

今はすぐに会員皆様の応援となる施策、例えば雇用調整助成金のさらなる増額や期間延長など端的に資金の確保に役立つことを取り組んでまいりたいと思います。

特に、業界が甘んじている不条理、固定資産税の旅館ホテルに対しての制度見直しで算定方式および業界に恩典がないことを訴え、観光産業の確固たる位置づけに対して業界はさらなる大きな声を上げるべきだと考えています。旅館ホテルは社会に必要な業態としながら風俗営業法適用には疑問です。

全旅連会員の皆様、旅館ホテルは地方創生の主力的存在であり人・物・金の地域に根差した産業であります。また、日本の秀でた文化です。Cool! JAPANなのですから、そのことを自負して胸を張ってともに頑張りましょう!

とは言え、復興キャンペーンが始まる前に力尽きることはあってはなりません。前に述べたように、全旅連としては今、会員皆様の商売継続の一助になりうる施策を推し進めてまいります。

目指せ! 上を向いて!進(ある)こう!

どうかこれからも、全旅連に会員お一人お一人の力をお貸しください。

(トラベルニュースat 20年5月10日号)

(前の記事)苦境に耐えうる「真水」を 全旅連・多田計介会長にコロナ禍の現状と展望を聞く(2) 収束後に向け地域、宿の魅力再構築

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ