楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光活性化へ地域連携をカタチに 「わかやま12湯サミット」初開催(2) 「地旅」「御泉印」で温泉アピール

広域連携を誓い“龍神宣言”

続いて真砂市長が「わかやまの温泉と地域の魅力について」と題し講演。その中で「アフターコロナでは、人として大切なものをどのように提供できるかが重要。特に誘客については広域による連携が大事で、12湯の皆さんが地域の文化や歴史と一緒に温泉をアピールする活動はタイムリーなこと。龍神温泉でそれをスタートされたことは地元市長としてありがたい」と語った。

「女性から見た和歌山の温泉」をテーマにパネルディスカッションも開催。パネリストは▽熊野幸代さん(椿温泉・しらさぎ)▽原のどかさん(白浜温泉・温泉民宿望海)▽川田純子さん(白浜温泉。ホテルシーモア)▽利光奈月希さん(加太淡嶋温泉・大阪屋ひいなの湯)▽小川さださん(龍神温泉・季楽里龍神)。5人は「海、山、川とロケーションの異なる温泉地に和歌山は恵まれています。コロナが落ち着いてくると観光客に最初に選ばれるはず。今のうちに準備をしておきたい」「他の温泉地も案内できるよう温泉地同士のつながりを大事にし、温泉の知識を深めたい」「各地の温泉を巡った証となる『御泉印』をつくる計画もあります。現在、12湯の法被を作成中で、和歌山の温泉を盛り上げたい」と話していた。

最後に龍神温泉・旅館丸井の女将、寒川淑子さんが「龍神温泉がある田辺市には12湯のうち4湯が入っていることから、他の温泉地とも横の連携を取りながら熊野古道をはじめとする観光素材を結びつける要(かなめ)となることを宣言します」と龍神温泉宣言を行い、採択された。

わかやま12湯サミット

サミットの最後は「龍神宣言」

サミットに先駆け9月30日には、12湯をアピールするヒノキの湯桶を12個作成し報道機関に発表。今後、各旅館ホテルのフロントなどに設置する予定になっている。

(トラベルニュースat 21年10月25日号)

(前の記事)観光活性化へ地域連携をカタチに 「わかやま12湯サミット」初開催(1) 旅行業、宿、行政が協働

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ