楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ポストコロナはLGBTQ 大阪観光局(2) オール日本で世界の市場へ

アジア初開催で万博につなぐ

会議であいさつした大阪観光局の溝畑宏理事長は「アフターコロナで2022年から国際観光の競争が始まります。世界の中で選ばれる都市になるためにLGBTQを積極的に受け入れたい。総会は大阪で開きますが、アフターコンベンションで日本各地にLGBTQ旅行者が訪れます。総会誘致をオールジャパンで進めていきましょう」と呼びかけていた。

大阪観光局の溝畑宏理事長

「23年をLGBTQ元年に」と話す溝畑理事長

すでに誘致活動は始めており、イタリア・ミラノで開かれるIGLTA22年度総会を経て、今年末から来年始めにも24年の開催地が決定される見通しだ。

溝畑理事長は「25年の大阪・関西万博の前年に総会を開くことで、日本中がLGBTQツーリストの受け入れに積極的だと認識させたい。開催地が決まる2023年を日本のLGBTQツーリズム元年に」と意欲を示していた。

旅行業界では、日本旅行(小谷野悦光社長)が教育現場におけるLGBTQの課題解決に取り組む。同社の西日本営業本部 がアウト・ジャパンとアドバイザリー契約を 締結。西日本エリアの教育現場へのサポートを始める。

性的マイノリティであるLGBTQへの理解が希薄で、学校など教育現場ではいじめなどが発生していることから、教職員向けの研修やセミナーをサポート。また修学旅行の受注の実績から、教育旅行における適切なアドバイス・サポートを行っていくとしている。

西日本営業本部管内の教育旅行支店、法人支店を窓口としサービスを提供する。

(トラベルニュースat 2022年6月10日号)

(前の記事)ポストコロナはLGBTQ 大阪観光局(1) 24年にIGLTA総会誘致

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ