楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍からの反転攻勢 全国旅行業協会・国内観光活性化フォーラム(1) 山形市に会員約900人集結

一般社団法人全国旅行業協会(ANTA、二階俊博会長)は3月17日、山形市のパレスグランデールで第17回「国内観光活性化フォーラムinやまがた」を開いた。今年5月の山梨県甲府市のフォーラムに続き、年度内で初めて2回開催することになった。全国からANTA会員約900人が集まり、コロナ禍からの反転攻勢として4月から来年1月の10カ月間にわたって山形県へ5万人を送客するキャンペーンの実施を決めた。

旅行会社が中心的な役割を

フォーラムは「んまい山形さ きてけろ、もっけだの。」をスローガンに、会場には県内市町村のブースが並び、観光スポットや食などを紹介しながら県内への送客をANTA会員にアピール。山形大学のサークルによる花笠踊り、ANTA山形県支部長で地元実行委員会の佐藤順仁委員長の開会宣言で始まった。

はじめに主催者を代表してANTAの近藤幸二副会長が二階会長のビデオメッセージを紹介。二階会長は「地方活性化の反転攻勢の役に立つように山形で開催することにした」と述べた上で、「観光は地域活性化に貢献できる。ANTAが先頭に立ってがんばりましょう」と呼びかけた。

国内観光活性化フォーラム

観光による地方活性化も話題に上った
第17回国内観光活性化フォーラムinやまがた

観光庁の和田浩一長官は国内交流の拡大、持続可能な観光立国、インバウンド復活を政策の3本柱に掲げていることを紹介。山形県の吉村美栄子知事はフルーツツーリズムの推進などに触れ「旅行商品の造成、情報発信に取り組んでほしい」とANTA会員に要請した。

基調講演は、国土交通省東北運輸局の田中由紀局長が「ポストコロナ禍社会の観光振興」と題して、東北6県のインバウンドの状況や観光庁の観光施策について説明した。その中で田中局長は、第2のふるさとづくりプロジェクトなど旅行者のニーズの変化に対応した取り組みなどを紹介し「旅行会社が中心的な役割を担って」とした。

(トラベルニュースat 2023年3月25日号)

(次の記事)コロナ禍からの反転攻勢 全国旅行業協会・国内観光活性化フォーラム(2) 山形県へ5万人送客CP展開

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ