楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ネット時代の旅行業 トラベルオーダー社の手応え(2) 「面白い会社」企画力も武器に

それでも課題は「コミュニケーション」

そうして、ネットとリアルを行き来し、消費者のオーダーに即応する旅行会社像が見えてきた。「通販サイトのアマゾンを想定しました。買わされるのではなくて、買いたいという欲求で皆、ポチっとクリックしてしまう。買いたいと思う気持ちに即応するスピードがネットの中では大事です」。

だから、オーダーがあったらすぐ、見積や行程を出す。ネットの世界では、それが誠意になる。中身は多少粗くても、とにかくスピード第一。そのため、社員誰もが即応できるように、メール返信するためのテンプレートを1千種類つくった。コースも何百ものフォーマットがある。

一方で「先方と話していると、他社の悪口や愚痴から始まります。依頼した見積がいつまでたっても届かないとか」。そんな話を聞くたび、旅行会社は完全に時代に遅れていると映る。「だからチャンスということかもしれないのですが」と苦笑する。

さらに、ホームページも「会社の沿革、源流をたどるツアー」や「社歌をつくる」「サプライズで社長を泣かせる旅行」など、ユニークな切り口の旅のモデルを並べた。「面白い会社があると知ってもらうことが突破口です」。

トラベルオーダー

社員旅行はユニークな切り口で提案。
皆で円陣を組み団結力を高める企画も

今、トラベルオーダーの顧客は7割が首都圏。「大阪の会社なのに不思議ですよね。お客さんに言わせると、大阪は激安のイメージで『なにわの商人』。アホなことやってくれそうなイメージだそうです。うちが大阪にいるメリットですね」と笑う。

課題は顧客とのコミュニケーションをもっととること。ネットを通じた客に「仁義はない」。回りまわって、「相見積もりの会社のコース」と言って自社の行程案が届くこともある。「だからこそ、スカイプとか、もっといいツールがあればなぁ。やはりリピートにつなげるためにはコミュニケーションなんです」。

(前の記事)ネット時代の旅行業 トラベルオーダー社の手応え(1) スピード第一で信頼関係醸成

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ