楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

団体旅行は日本固有の文化 池の平ホテル&リゾーツ・矢島義拡社長の思い(1) 不要不急のなか投資決断

長野県立科町の池の平ホテル&リゾーツが今年4月にオープンさせた池の平ホテル新本館。白樺湖畔の立地を全面にLAKE RESORTをうたい、温浴施設やダイニングを充実させたほか、コンベンションホールや宴会場など団体客誘致に注力する方針を打ち出した。「団体旅行は日本固有の文化」と言う矢島義拡社長に、今回の設備投資に対する思い、ねらいを聞いた。

観光業に対しての希望を当地で形に

―コロナ禍の中、大規模な設備投資を決断した理由を教えてください。

当館は建築に制限がかかる国定公園内という立地から、時代ごとにお客様の要請に応じた増改築を繰り返してきました。結果として3館をつなぐ動線が複雑になるなどして省エネ、省力化の観点からのロスも大きく、いずれかのタイミングで大型の設備投資は不可避でした。そこで商品力ベースの底上げと今後の柔軟な改善ができるように、約10年前から2025年をメドに本館の完全改築を計画していました。

コロナ禍に入り、財務状況が毀損した中で弊社に残された選択は、これまでの投資計画を白紙とし大型設備投資という選択肢を今後一切外すことを前提にした事業の継続に専念する、ということが一つ。もう一つは需要減の期間に改築を重ねることで、改築に伴う縮小営業の機会損失を最小化するという、実を取り競争力を上げる機会にかけるか―この2つの選択肢しかありませんでした。

いずれの道も圧倒的なリスク下になることには変わりはなく、今回、後者を選択したのは当時コロナ第一波の中で旅が不要不急という烙印をおされ、観光の先行きがまったく見えない段階で、お客様の旅への思いを裏切りたくないという意地でした。加えて観光業に対しての希望を当地で形にしたいという青臭い感情もあっての決断でした。

池の平ホテル&リゾーツ

矢島義拡社長

―今回の投資でもっともこだわりを持たれたところは何でしょうか。

個性です。特に白樺湖の湖畔の価値を最大限に活用しようと考えました。当館は白樺湖の湖畔に立地しながら、湖畔の価値を最大限に活かしきれてはいませんでした。湖畔、湖面、山、空とつながるロケーションを最大限活用するために、利用率がほぼ100%となる大浴場からの眺望をまず基本に置いた設計とし、新本館の客室棟も真正面に湖を望む角度に配置換えを行いました。

ただ景色がよく見えるハードを作りたかったわけではなく、むしろロケーション内にホテルのパブリックを溶け込ませるという感覚を大事にしました。白樺湖湖畔からつながって一体感のあるリゾートエリアにテラスを設けてレストランを窓口にしたパブリックスペースを置き“LAKE RESORT”を感じていただける空間時間をホテル内外に設けることにこだわりました。

池の平ホテル新本館

手前の白樺湖と一体感のある
空間づくりを目指した池の平ホテル

(次の記事)団体旅行は日本固有の文化 池の平ホテル&リゾーツ・矢島義拡社長の思い(2) 団体客の供給を減らす違和感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ