楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

料理長とは-期待以上の仕事をしよう

「観測史上初」という言葉が行きかう、例年を上回る暑さ、そして大雨による様々な被害、地震もありました。近ごろの自然には人間も右往左往させられております。全国各地、不安な気持ちでこの季節を過ごされている方も多いと思います。

このような中でも、日々一生懸命仕事に立ち向かうのが日本人の良いところでもありますが、私が回らせていただいている旅館では、従業員の休みの取り方などでいろいろと問題が起こっているようでした。部下をまとめていかねばならない料理長が、忙しい日を狙ってお休みを取り、それを有給休暇として処理しようとしていたようです。

有給休暇を取ることは社員としては当然の権利なのですが、お客様の入りが少なく空いている時ではなく、わざわざ忙しい時に合わせて有給を取るという気持ちに落胆いたしました。そのような行いは、部下も見ているものです。下を育てるためには、まずは上の者が見本とならなければいけませんが、どうも肩書にばかりあぐらをかき、勘違いしてしまう者もいるのでしょう。

今は外部からのコンサルタントなどが料理の献立を作り、名前を決め、厨房全体の予算管理なども任せてしまうところもあります。ここまでくると、もはや「料理長」という肩書などいらないようになってしまうのではないでしょうか…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2018年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ