楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ロシア行き-日本の「良さ」を改めて実感

朝晩冷え込む日も増え、有馬温泉は一気に季節が変わりました。秋風がそよぎ、紅葉は今からといったところです。

フグ、カニも解禁となりましたね。高級食材を使い、お客様一人あたりの単価は上がってまいりますが、寒い冬に向け物価も上がる一方です。努力しながら食材・料理を提供していかなければ、とても黒字に進むことはできません。物価の上がるこの時期は、品数を増やさずメーン料理を大きく打ち出して、野菜を多く取り入れていけたらと思います。

先日、私は農林水産省の仕事で、ロシアに行ってまいりました。「日本食・食文化普及の人材育成」が目的で、様々な人と出会い、とても勉強になりましたが、まずは行きの飛行機、JALでの客室乗務員の方に感心いたしました。機内が落ち着くまでのわずかな時間でも、所在なくしている私に言葉をかけてくれます。もちろん私だけでなくほかのお客様へも気配りを忘れません。十分な研修は受けているのでしょうが、接客業としてはトップクラスの業種であり、見習うべきところは多々あります。

旅館ホテル業界は特に「料理」「温泉」「部屋」など、それぞれ自分のところの強みを持っていますが、「接客」に勝るサービスはないのではないかと思います。私の旅館も「料理旅館」として頑張らせていただいておりますが、美味しい料理とともに従業員からの説明をしっかりとし、心のこもった接客をすることで、その料理の価値と安定感をつけていくことが重要なのです…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2018年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ