楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館の売り-美味しい料理ではなく…

あわただしい紅葉の季節を過ごし、日本全国年の瀬に向けて、一気に走り出しています。最近ではうれしいニュースも飛び込んできました。2025年大阪万博開催決定です。20年オリンピック、そして万博と、日本を広く世界に知っていただける大きなチャンスがまた広がったことは喜ばしいことです。誘致の段階から様々な企業が動き出していますが、全企業が協力し、より高めあい、開催を迎えることができればと思います。

旅館ホテルを運営するなか、経営者や従業員がその旅館を良くしていこうと考え動くのは当然のことですが、その手助けをするべく様々な企業や業者、コンサルタントの先生など、本当に多くの人が関わります。ただ、これも難しいところで、現場を知らず従業員の話を聞こうともしないコンサルタントが考え出した改装工事の結果、数千万円もの資産を使ったにもかかわらず、動線の悪いお食事処に悪戦苦闘している旅館がありました。

少しでも良くしていこうと様々な人の力を借りたい気持ちはどこも一緒ですが、資産や人を大きく動かすときには、経営者も勉強していかなくてはいけません。人のふり見て…ではないですが、私も我が身に置き換えて物事を考えるよう気をつけています…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2018年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ