楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「一石何鳥」にもなる 野沢温泉常盤屋旅館(長野県)

2021年4月8日(金) 昨年秋にも泊まった常盤屋旅館ですが、短期間に様々な点が進化していました。中でも今年2月から一新した料理が印象的。お箸で食べる洋食自体は珍しくありませんが、魚料理3品と肉料理2品という驚愕のボリュームで、味わいも極上です。

なぜか御飯が出ずに、小さな野沢菜の「おやき」が食べ放題。フランス料理でもパンが食べ放題なので、その代替品だと推測。改めて考えれば、御飯と味噌汁とお新香はなくてもまったく問題ありません。

しかし、当然あるべき食事を廃止してしまうとは、潔い決断に感銘を受けました。

同様に普通の宿なら絶対にある、客室のポットがなくなっていたのも衝撃的でした。テレビ横にあるワゴン上にはコーヒーメーカーが置かれ、ポット用の丸い穴には天然水のペットボトルが鎮座。お茶とコーヒーのカプセルも人数分あり、自由に楽しめます。翌朝にはロビーでモーニングコーヒーを無料配布しますし、滞在中はなにかと忙しく、結局使いませんでしたが、コーヒーメーカーがあるだけで客室がグレードアップした気分でした。

私は普段から宿に到着するとすぐに電気ポットのコンセントを抜いてスマホやデジカメを充電します。飲まないお茶のためのお湯を常時保温するのは無駄なので。とはいえ、私が電気ポットを使わなくても、チェックアウト後に清掃係員はそのお湯を捨て、水を入れ替える手間がかかります。

その点コーヒーメーカーなら使用された時だけ洗えば良く、通電も使用時のみで電気代もわずか。私のように使わなかった人の後は、清掃係は何もしなくて大丈夫。これほどエコなことが、ほかにあるでしょうか? しかも、置いておくだけで客室アップグレードの雰囲気まで醸し出せるのですから「一石何鳥」にもなるわけです。

このように、本当に意味のあるサービスとは何かを徹底的に熟慮して既存の慣習や価値観を打破していく…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2021年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ