楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

働き方改革-「時間」が必要な料理人

桜開花の季節が近づいてまいりました。各所、桜に合わせた季節イベントを企画していることと思います。日本を代表する花である桜は、海外でも人気があり植樹を続けている国もあるようですが、それでも季節に合わせて日本を訪れ花見を楽しむ海外の方はたくさんいらっしゃいます。

私の旅館では、植樹させていただいた河津桜が可愛らしいピンクの花をのぞかせてくれております。少し桜が咲くだけで普段草花を気にとめない人たちでさえ、ふと桜に目をやります。日本の桜は、これほどまでに存在感がある花なのだなと感じております。

オリンピックが近づき海外のお客様がこれだけ増えると、旅館ホテルも海外のお客様をなおざりにするわけにはいきません。しきたりや常識が違う分、日本のお客様を出迎えるのとはまた違ったおもてなしが必要になる場合もあります。

私の旅館でも、特にお風呂の入り方などでお困りになる海外の方が多く、説明書きやPOPなどを加えました。お客様はそれぞれですが、やはりその人に合わせたサービスができることこそが本当のおもてなしだと感じます。

さて、桜ばかりに頼らず、料理でのおもてなしをと思うのですが、春は旬の食材として少し印象が低くプランを打ち出してもなかなか思うように伸びません。鰆や桜鯛などもありますが、やはり冬の河豚や蟹のようにはパンチが足りません。これをいかに魅力的に見せることができるかは、料理長の腕の見せどころだと思います…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2019年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ