楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

女性客をつかむ 料理長も交えて宿づくり

日本で初のラグビーワールドカップも無事に進み、来年の東京オリンピックに向けてカウントダウンも始まりました。このまたとないチャンスをものにして景気アップを図りたいものです。必ず動く多くの人の流れを少しでも自分たちの地域、旅館ホテルに導いていくことができるよう、どこも努力を重ねているのではないでしょうか。

あるアンケートで「女性のお客様がホテル・旅館に求めるもの」というのがあり、一番に清潔さ―きちんと館内の清掃がされているか、水回りはきれいか。二番目に食事―その土地のもの、郷土料理、ご当地グルメ。三番目にお風呂、温泉。そのあとは設備、接客、立地、サービスと続いています。

旅行をされる方はやはり女性のお客様が多く、男性とは違う目線で見ている方も多いかと思います。そのぶん、気に入っていただければリピートしていただけ、このホテルが良かったと口コミで広めてもいただけます。

女性のお客様の心をつかむのは本当に大事だと感じますが、その女性のお客様が求める一番は「清潔さ」でした。清潔であるという当たり前のことではありますが、非日常を味わいたいお客様が合格点を出す清潔さには、それに加えて「細やかな心配りが見える」ことが必要だと思います…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2019年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ