楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toキャンペーン 皆の励みになる企画を

「Go Toキャンペーン」も開始しておりますが、手続きの煩雑さと情報の錯綜で、登録できている旅館ホテルは予想をはるかに下回る数だということですね。システムも難しく、旅館ホテル側も活用するお客様側もうまく使いこなせていないのが現状です。このキャンペーンのおかげで潤っている宿泊業界はまだまだ少ないわけです。せっかく景気を上げるために作った策も、これでは「意味があったのか」と言われてしまっても仕方ありません。

コロナ拡大による休業などで人員削減をした現場も少ない人手で対応に追われています。利用者、宿泊施設、皆が安心して利用できる仕組みを作らなければ支援策ではなく、業務を増やすだけの結果に陥ってしまいます。コロナも完全収束とはいかず、旅行に足踏みされるお客様が多いことも要因の一つですが、行楽シーズンの秋、食材の宝庫である冬を前に、まだ安心できません。

今春からのコロナ拡大で従業員を縮小したところでは、再開後も人手不足のまま動いているところが多いことでしょう。

フロントや客室係がなんとか動いていけているとしても、厨房は本当に厳しいのではないでしょうか。バイキングが避けられる今、よりお客様に寄り添った対応が必要となるわけですから、料理の出し方・盛り付けの配慮・アレルギーへの対応など、しなければいけないことはより一層増えていると思います。

全体的には売り上げも伸びず苦しい今期、会社としては人手は増やさず原価を下げるよう厳しい言葉が飛び交っていることと思いますが、このような時こそ食材原価を上げ、料理に力を入れていくことが強みになるのではないでしょうか…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2020年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ