楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今だからできること まちおこしにつながる勉強会も

新型コロナウイルスワクチン接種が始まり、各地の感染者数もやや減少傾向にはありますが、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置などの対策が右往左往しており、今後も予断を許さない状況ではありますね。もう、どの旅館ホテルも十分な対策をとった上で営業をしていることとは思いますが、宿泊者数はなかなか戻ってきていません。

様々な経費削減も行っているのでしょうが、売上が乏しい今、不安を抱えるところも多いでしょう。コロナ拡大も1年半を越えると、大きく予算をとった策を立てるのも難しいでしょうし、あまり予算をとらずとも、今だからこそできることを考えていかなければいけません。

部署での勉強会を行うのも良いと思いますが、旅館組合が先頭に立って町内や従業員のためになる勉強会などを開いてはどうでしょう。設備や料理、温泉のことばかりではなく、その町の歴史や風土、草木などに目を向け、清掃活動をしたり、観光客に向けてのまちおこし活動につながるような取り組みができるのではないかと思います。

わたしのいる温泉街でも、少しずつ新しい店ができたりもしていましたが、なかなかコミュニケーションをとる場というのがありません。一緒になって活動をすることで、自分の旅館だけでは実現しないような取り組みができるのではないかと思います。

従業員もただ休ませているだけでは、士気も下がり仕事も疎かになりがちです。もちろん従業員一人ひとりの努力も必要ですが、これまでに例のないこの状況では各旅館、各旅館組合、町内がその手助けをすることも必要だと感じます。

わたしも、なかなか全国を自由に飛び回るというのは難しいのですが、これまでよりもじっくりと時間をかけて「日本料理」に向き合う時間がとれているように感じます。やはり日本料理は出汁が重要です…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2021年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ