楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域の魅力を掘り起こす セトレハイランドヴィラ姫路

兵庫県姫路市広嶺山の山頂近くに立地するホテル「セトレハイランドヴィラ姫路」。客室やロビーから姫路市内が一望できるロケーションは、昇る朝日、沈む夕陽はもちろん、夜ともなれば宝石箱をひっくり返したような美しさである。ホテルは一にも二にもロケーションというが、改めて実感する。

運営は「セトレ」ブランドで地域密着型コミュニティホテルを展開するホロニック(神戸市)。現在、神戸とびわ湖と長崎を含めホテル4軒と、会員制クラブサロンやチャペル併設のレストランなどを手掛けている。

施設は、年金健康保険福祉施設整理機構所有の旧国民年金宿舎。同社が取得し改装後の2008年に「セトレ」としてオープンした。敷地面積約6500平方メートル、地上3階建てで客室14 室にライブラリー、シアタールーム、クラブラウンジ、レストラン、ヒーリングテラス、大浴場、宴会場、チャペルなどを備える。

セトレとは英語の「RE ・S E T ( リセット)」を逆にした造語。「心と体をリセットできる時間と空間(過ごしの空間)を提供したい」との願いからで人と人、人と地域を結び、新たな地域社会を一緒に創る「コミュニティホテル」を目指すというもの…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2018年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ